学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
教養
中欧への誘い  
講 師

柴 宜弘
アンドリュー・ホルバート
飯尾 唯紀
ボシュティアン・ベルタラニチュ
キラーイ・アッティラ
柴 理子

コード 17205
定 員 30名
回 数 全6回
日 程 2017/10/28 11/11、25 12/2、9、16 受講料 6,000円
時 間 土曜日 11:10〜12:40
中欧とは、文字通りヨーロッパの中部地域(セントラル・ヨーロッパ)を意味します。現在の国名で言いますと、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの4カ国がこの地域に含まれます。この4国は近代において、ハプスブルク帝国の支配のもとに置かれた共通体験をもっています。ハプスブルク帝国の統治は、現在のスロヴェニアやクロアチアのアドリア海沿岸地方にも及んでいたので、この講座では、中欧という地域を広くとらえ、アドリア海も視野に入れて紹介します。本学に設置されている中欧研究所の6人の教員が、中欧という多様な地域の歴史、社会、文化を写真や図版を使いながら講義します。中欧という魅力的な地域へ皆さんを誘う講座となれば幸いです。※講義は全回日本語で行います。
「中欧とアドリア海」
柴 宜弘(Nobuhiro Shiba)

10月28日
この講座の導入の回ですので、中欧という地域全般について、その地理的な位置や歴史的な背景を説明します。そのうえで、私たちだけでなく、中欧に住む人びとにとっても夏のリゾート地として人気のあるクロアチアやスロヴェニアのアドリア海沿岸の諸都市について紹介します。中欧とアドリア海の関係についても考えてみます。

プロフィール:
城西国際大学特任教授、城西中欧研究所副所長。東京生まれ。専攻は東欧地域研究、バルカン近現代史。
「中欧の食文化―ご馳走を追いかけて歴史と地理を知る」
アンドリュー・ホルバート(Andrew Horvat)

11月11日
ハンガリー料理、チェコ料理、ルーマニア料理。日本で食べる中欧のご馳走は国別にきれいに分かれています。ですが、隣り合わせの小国の人々がみんなまったく違うものを食べているわけではありません。料理名が違っていても、それぞれの一品の由来をたどってみると、おいしいものには国境がないことがわかります。例えば、当時のルーマニア地方に駐屯していた古代ローマの兵士たちが食べた素朴な食事は、今になってハンガリー、チェコ、ルーマニアの家庭の食卓にデザートとして出されるようになっています。

プロフィール:
城西国際大学招聘教授。ブダペスト生まれ、カナダ国籍。特派員としてアジア各地を取材。専攻はニュースメディア史など。
「川をめぐる暮らしと歴史」
飯尾 唯紀(Tadaki Iio)

11月25日
中欧の国ハンガリーには、ドナウ川とティサ川というふたつの川が流れています。ドイツの「黒い森」に発する国際河川と、ウクライナのカルパチア山脈から流れるティサ川は、それぞれに特徴ある景観を作りながら、やがて合流して黒海にそそいでいます。この講座では、ふたつの川の流れを眺めながら、「漁夫のスープ」で知られる川魚料理の歴史や、川の周りの養蜂や果樹栽培など、川とともに暮らす人々の生活の歴史を辿ります。

プロフィール:
城西大学現代政策学部准教授。愛知生まれ。ハンガリー近世史、中・東欧地域の宗教問題などを研究。
「スロヴェニアのカルスト地方」
ボシュティアン・ベルタラニチュ(Boštjan Bertalanič)

12月2日
風光明媚なスロヴェニアのなかで、もっとも個性あふれる地方がカルスト(石灰岩の台地)地方でしょう。この地方は石灰岩でできているので地形的に興味深いだけでなく、スロヴェニアとイタリアを結ぶ特別な文化的地域でもあります。この講座では、カルスト地方の歴史、食文化、ワインなどを紹介します。

プロフィール:
城西大学現代政策学部准教授。スロヴェニア生まれ。専攻は国際関係論。
「ハンガリー映画史への誘い」
キラーイ・アッティラ(KIRALY Attila)

12月9日
映画は20世紀初頭からハンガリーの人びとを魅了してきました。第二次大戦以前もそれ以後も、監督たちが制作した傑作は、その時点のハンガリー社会の鏡でもありました。この講座はハンガリー映画史を紹介するだけでなく、ハンガリーの20世紀の社会史・政治史・芸術史などへの誘いでもあります。主要な監督の作品を紹介しながら、ハンガリーの豊かな映画の世界を案内します。

プロフィール:
城西国際大学国際人文学部助教。ハンガリー生まれ。専攻は語学教育、語学教材の開発、宗教学と地域研究など。
「日本人とショパン」
柴 理子(Riko Shiba)

12月16日
コンサートはもちろん、テレビドラマのBGMやCMから電話の着信音まで、ショパンの曲を耳にしない日はありません。ポーランドという国の代名詞とも言うべきショパンですが、日本でも最も親しまれている作曲家と言ってよいでしょう。明治時代にクラシック音楽の本格的な紹介が始まると、ショパンは瞬く間に日本人の心をとらえました。以来、日本人がどのようにショパンの音楽を聴いてきたのか、ご一緒にたどってみたいと思います。

プロフィール:
城西国際大学国際人文学部准教授。山形生まれ。専攻は、東欧地域研究、日本・ポーランド交流史。
本学海外提携校のワルシャワ大学図書館
(ポーランド・ワルシャワ)
ドナウ川に架かるセーチェーニ鎖橋
(ハンガリー・ブダペスト)
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) 2017 Josai University Educational Corporation