学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
文学・国際 その他の講座
国際文化テーマ講座I  
「橋」の文化、「橋」と文化 土曜日
講 師 国際文化学科専任教員 コード 05017
定 員 60名
申込締切日 4/9
日 程 2005/4/16〜7/9 曜 日 土曜日 回 数 12回
時 間 13:20〜14:50 対 象 本学学生・一般 教材費 受講料に含む
受講料
本学学生 無料 一般 1回1,000円
認定単位 2単位
国際文化テーマ講座I 本学の学歌「風香る橋を渡って」にちなむ企画で、平成16年秋から冬にかけて開催した『古典に親しむ―「橋」をめぐって―』全3回を受けて行うものです。日本の古典を扱った先の講座では、橋の交通の要衝としての意義、境界ゆえの聖性、作品の舞台として忘れ難い風景となった例、作家の自己形成に及ぼした、環境としての意義などに触れました。
今回は、日本文学以外にも視野を広げ、アメリカ、ヨーロッパ、日本などのさまざまな地域、そして、美術、考古学、民俗学、社会学、スポーツといったさまざまな分野を、縦横に行き来しつつ、橋に関する文化的な視界を新たに切り開いていきます。またそれによって、城西国際大学人文学部国際文化学科の特徴と可能性を改めて確かめたいと思います。

※1回のみの受講も可能です
講座カリキュラム
日 程 内 容 講 師
4/16 序論『たけくらべ』の「刎橋」、学歌「橋を渡って」に触れつつ 北田 幸恵
4/23 ヨーロッパ都市景観と橋(付:ハンガリーからの留学生との対話) 魚住 明代
5/7 ニューヨーク橋物語 土田 宏
5/14 日本とブラジルの架け橋―移動する日系人― 田島 久歳
5/21 大西洋の架け橋―アメリカ合衆国のブラック・ディアスポラ― 大類 久恵
5/28 橋とカルチャーショック 多田 洋子
6/4 房総の橋―近代化遺産― 森 雅雄
6/11 橋の比較文化・日中韓―考古学から― 倉林 眞砂斗
6/18 宇宙に架ける橋―マーク・トウェインとジャック・ロンドンのファンタジーから― 有馬 容子
6/25 日本橋、六郷橋、そして多くの橋―箱根駅伝の視点― 大塚 正美
7/2 「長柄の橋」の橋柱―歌枕の内と外― 岡田 美也子
7/9 『平家物語』橋合戦を読み直す 三木 紀人
※全ての講座で1回のみの受講も可能です。
※受講料は1回参加の金額です。
ページの先頭へ
その他の講座
文学・国際
国際文化テーマ講座I 「橋」の文化、「橋」と文化
国際文化テーマ講座II アートとアール
古典を読む「方丈記」
文学セミナー「帰る」ということ
French Poetry of the Nineteenth Century
Introduction to Don Quixote
English for NGO
Theory of International Relations
International Conflict and Communication
Japanese History and Culture
JIU Easy Travel English
メディアと編集
言葉と文化
女性と翻訳
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
入会と受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
アイコンについて
夜間夜間

土曜日土曜日

フィールドワークフィールドワーク

英語で授業英語で授業

プロフェッショナルプロフェッショナル
プライバシーポリシー Copyright (c) 2005 Josai University Corporation