学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
ジェンダー・心理学 その他の講座
ジェンダーと家族 土曜日
講 師 長谷川 啓
城西短期大学教授
コード 05037
定 員 60名
申込締切日 4/12
日 程 2005/4/16〜 曜 日 土曜日 回 数 12回
時 間 15:00〜16:30 対 象 本学学生・一般 教材費 -
受講料
本学学生 無料 一般 1,000円
認定単位 2単位
ジェンダー・スタディーズの視点で、日本の近代家族の成立から今日に至るまでの変遷を辿ります。小説はそれぞれの時代の生活や文化や社会をもっとも映し出す鏡であり、歴史以上に具体的に現実の様相を伝えてくれるメディアといっていいでしょう。そうした小説という記憶の装置を通して、家族の問題を考えます。それは、女性にとってあるいは男性にとって20世紀社会とはどのようなものであったかを再認識することでもあり、21世紀社会の家族のあり方を模索する手だてとなるでしょう。
内 容
近代家族概観 近代家族とは何か、その成立と変容、終焉までを、日本の近現代史を踏まえつつ概観する。
明治期の家族 清水紫琴「こわれ指環」・樋口一葉「十三夜」「裏紫」
島崎藤村「家」・円地文子「女坂」・夏目漱石「行人」
大正期の家族 田村俊子「彼女の生活」「木乃伊の口紅」「炮烙の刑」
志賀直哉「暗夜行路」・宮本百合子「伸子」
昭和前期の家族 佐多稲子「くれない」
昭和後期の家族 島尾敏雄「死の棘」・小島信夫「抱擁家族」
近代家族の揺らぎ
  離婚家族
  シングル
  シングルマザー
森瑤子「夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場」「家族の肖像」
干刈あがた「樹下の家族」「ウホッホ探検隊」
増田みず子「独身病」「一人家族」「シングル・セル」
津島佑子「光の領分」「黙市」「伏姫」
平成期の家族
  ポストファミリィ
近代家族の崩壊 柳美里「フルハウス」「家族シネマ」
富岡多恵子「白光」・落合恵子「偶然の家族」・
吉本ばなな「キッチン」
※全ての講座で1回のみの受講も可能です。
※受講料は1回参加の金額です。
ページの先頭へ
その他の講座
ジェンダー・心理学
現代文化論
現代社会と家族
ジェンダー連続講座
女性学
女性とキャリア
ジェンダーとメディア
ジェンダーと家族
ジェンダー論
ジェンダーと言葉
社会人特別論文指導I
社会人特別論文指導II
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
入会と受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
アイコンについて
夜間夜間

土曜日土曜日

フィールドワークフィールドワーク

英語で授業英語で授業

プロフェッショナルプロフェッショナル
プライバシーポリシー Copyright (c) 2005 Josai University Corporation