学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
ヨーロッパの文化
マリー・アントワネットの食卓  
講 師 ジュリアン・ビエルカ コード 08108
定 員 20名
日 程 2008/11/7 回 数 全1回
時 間 金曜日11:10〜14:30(昼食含む)
受講料
10,000円(昼食代込み)

※講義は日本語でおこないますが、簡単なフランス語にも触れられます。
※この講座は受講料のお支払いが振込みとなります。
主催:アテネ・フランセ

数奇な運命を遂げたフランス国王妃、マリー・アントワネット。フランス革命の引き金となった「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」発言は、実は彼女の言葉ではないという説があります。その裏に隠された真実とは?
また贅を尽くしたヴェルサイユ宮殿での日々はどのようなものだったのでしょうか。フランス革命時代の彼女の光と影を追います。
また講義後は、講師と共にフランス料理を味わいながら、マリー・アントワネットの宮殿での暮らしを振り返ります。あなたが思う彼女の魅力、フランスの宮殿についてなど、みなさんで存分に語り合いながら、楽しい優雅なひと時を過ごしましょう。 

マリー・アントワネット
マリー・アントワネット

講義後、グランドプリンスホテル赤坂 仏蘭西料理「トリアノン」にて昼食会を行います。マリー・アントワネット時代を彷彿とさせる雰囲気の中、この講座のためにシェフが当時をイメージして創作したコース料理を楽しい会話とともにいただきます。


仏蘭西料理「トリアノン」( 旧館2F)
仏蘭西料理「トリアノン」(旧館2F)
グランドプリンスホテル赤坂 旧館
グランドプリンスホテル赤坂 旧館
スケジュール
11:10〜12:40
講義(紀尾井町キャンパス)
「マリー・アントワネットの光と影」
ヴェルサイユ宮殿での私生活を検証
12:40〜13:00
グランドプリンスホテル赤坂へ移動
(徒歩にて約3分)
13:00〜14:30
レクチャー&ランチ
(仏蘭西料理「トリアノン」)
 
ジュリアン・ビエルカ 講師
ジュリアン・ビエルカ
ランス大学にて学士・修士号取得(近代文学)。マーク・ブロッホ大学、第3スタンダール大学にて言語学を修める。その後教育者補佐としてフランスの小学校に勤務。現在アテネ・フランセ東京でビジネスフランス語を担当。
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
託児室
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) 2006 Josai University Corporation