学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
科学
科学のフィクションと現実  
講 師 加藤 立久
(城西大学理学部化学科教授)
コード 08109
定 員 60名
日 程 2008/11/15 回 数 全1回
時 間 土曜日15:00〜16:30
受講料
1,000円(中学・高校生は500円)
科学小説(SF)とは“荒唐無稽な夢物語”です。しかし現実の自然科学でも、その牽引車は“荒唐無稽な夢物語”だったのです。私たちの自然科学は、物の見方・考え方の大変革(パラダイムシフト)の度に不連続な飛躍的発展を遂げてきました。必ず天才の“荒唐無稽な夢物語”がパラダイムシフトの引き金を引いてきたのです。では科学のフィクションと現実の何処に線が引けるのでしょう?現実の科学は、論理的な数の力と具体的な発想により、“天才の夢”を“真実”に具象化してきたのです。現代では、科学小説よりもSF的なナノテクノロジーが実現されるようになりました。こんな自然科学を簡単な言葉で絵解きできればと思っています。
加藤 立久 講師
加藤 立久
理学博士。昭和52年京都大学理学部化学科卒、54年京都大学大学院理学研究科修了、岡崎国立共同研究機構分子科学研究所助教授を経て、平成16年から現職。
カーボンナノチューブ・フラーレンを中心に分子磁性などナノサイエンス開発研究をしている。泥捏ね、虫捕り、理科工作からナノサイエンスへ、“何故?”の興味が第一歩です。
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
託児室
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) 2006 Josai University Corporation