学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
人生設計
ロングステイ財団共催連続講座 アジアでする安心・気楽な介護・看護ステイ  
コーディネーター・講師 福永 佳津子 コード 12107
定 員 60名
回 数 全1回
日 程 2012/9/1
時 間 土曜日 14:00〜16:30
受講料 2,000円/夫婦受講3,000円
※LSメンバーズの方1,500円/夫婦受講2,000円
退職したら、「まってました」と「ロングステイ満喫人生」にすんなり切り替えられるかと思いきや、そうは問屋が卸さない事情が立ちはだかる。老親を残して自分だけが常夏の国でオーシャンビューを楽しむそんな親不孝ができるはずがない。しかしあと10年待ったら、こちらの体力が危ない。などと気持ちがもたつき、ストレスを溜めている人は少なくなかろう。そんな理由でステイに踏み出せない人たちに、「ご両親を連れてのロングステイはお薦め」、とアジアの介護事情を詳細に語ってくれるのが今回のゲストの上東野さんだ。例えばタイ・バンコクのクルアイナムタイ病院グループは、介護ホームの運営と、看護助手、介護士、マッサージ師の資格を持ち、日本語ができるケアスタッフを派遣するサービスを開始。月単位約1万6000〜1万8000バーツ(約47,500円)で住み込みも可能という。タイ以外でもひとり暮らしが難しい老親を伴ったステイに踏み切り、メイドさんに日常的な世話を頼んで、自身は積極的にステイを楽しんでいる人たちもいる。日本より遥かに低いコストで賄えることや、アジア人が持つ高齢者に対する敬愛の気持ちに支えられているという。「お蔭で健康が回復し、寿命がぐんと伸びた」となれば、最高の親孝行だ。むしろ安心できる介護・看護環境に惹かれて、アジアステイを積極的に考える人が出てきても不思議ではない。映像による実際のアジア滞在日本人の介護実態なども紹介し、老親と共にするアジア看護・介護ステイの最新事情をお知らせする。
コーディネーター・講師
福永 佳津子
海外生活カウンセラー/ロングステイ財団政策審議委員/海外邦人安全協会理事
上智大学卒。在NY6年。帰国後は海外生活カウンセラーとして講演執筆多数。NHK趣味悠々「サトウサンペイと楽しむ海外旅行術(ロングステイ)」 講師等。著書に『ある日海外赴任』『アジアで暮らすとき困らない本』他がある。
ゲストスピーカー
上東野 幸男
東南アジアとの深い関わりは60年間。タイ駐在6年。学生時代は児童(施設ボランティア)、タイ駐在中は学生(財団設立、奨学金)、退職後の最近の10年は高齢者への応援活動に従事している。「海外ロングステイは、特に要介護者の心身の健康維持・回復に有効であることを多くの人に知ってもらいたい」との思いを講義で存分に語ってもらう。(慶応大学経済学部卒、三菱電機勤務40年)
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) 2012 Josai University Corporation