学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
人生設計
ロングステイ財団共催連続講座 台湾ロングステイを堪能する  
コーディネーター・講師 福永 佳津子 コード 13109
定 員 60名
回 数 全1回
日 程 2013/6/8
時 間 土曜日 14:00〜16:30
受講料 2,000円/夫婦受講3,000円
※LSメンバーズの方1,500円/夫婦受講2,000円
台湾がロングステイ人気国トップテンにランクインした。親日的な近隣国に惹かれて新しい出会いに胸躍らせる人たちがぐんと増えてきたことがわかる。その台湾ですでにロングステイを堪能されている篠原さんご夫妻は、3・11の直後、台南の成功大学の剣道部の学生さん5人が、自分たちで集めた義捐金(10万円相当)を持ってきてくれたエピソードを、また平野さんは、以下のコメントを寄せてくれている。「『日本人にとって台湾は暮らしやすいか?』と問われれば、私は即座に『YES』と答える。何と言っても日本から近く、気候が温暖で温泉もあれば桜も咲く。治安と医療施設は合格点がつくし、台北市以外なら物価はまだ割安感がある。台湾の食は中国大陸に比べると脂が控えめで日本人好みだし、日本統治時代に改良した蓬莱米(ジャポニカ種)をはじめ日本食が普及している。言わずと知れた親日感情の高さも心強い。戦前に日本語を習ったお年寄りから現在勉強中の若者まで、よき友達になってくれるだろう。キャリアや趣味を活かして社会貢献できる機会が増えれば、市民主導の交流、友好が暮らしの中から広がる。そうなれば、日台の先人が営々と築いてきた絆は、さらに深まり、ロングステイの充実感も増すに違いない」
本講座では、実際の住まいや町の様子なども映像でご紹介する。受講生の台湾ロングステイが明日決行されても不思議ではない講義としたい。
龍山寺
写真提供:台湾観光局
士林夜市
コーディネーター・講師
福永 佳津子(ふくなが・かつこ)
海外生活カウンセラー/ロングステイ財団政策審議委員/海外邦人安全協会理事
上智大学卒。在NY6年。帰国後は海外生活カウンセラーとして講演執筆多数。NHK趣味悠々「サトウサンペイと楽しむ海外旅行術(ロングステイ)」講師等。著書に『ある日海外赴任』『アジアで暮らすとき困らない本』他がある。
ゲストスピーカー
平野 久美子
ノンフィクション作家。編集者を経て執筆活動へ。アジアと日本の関係を中心に幅広いテーマで作品を発表。「テレサ・テンが見た夢・華人歌星伝説」「淡淡有情・忘れられた日本人の物語」「中国茶・風雅の裏側」「トオサンの桜・散りゆく台湾の中の日本」「水の奇跡を呼んだ男」など多数。台湾の台北市、屏東県でのロングステイ体験がある。
篠原 豊
1942年東京都生まれ。大学卒業後、貿易商社勤務を経て公務員となり、傍ら中国語通訳の資格を取得。退職後、北京に遊学。その後台湾を深く知りたいと思い、ロングステイを経験。
篠原 亮子
1946年樺太生まれ。高校卒業後、病院勤務を経て結婚、専業主婦。実母を16年看護し、介護福祉士・保育士の資格を取得。夫の遊学先北京に1年滞在。その後夫とともに台湾にロングステイ。
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) 2013 Josai University Educational Corporation