学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
国際日本学
知っていそうで知らないノーベル賞の話  
講 師 北尾 利夫 コード 15102
定 員 60名
回 数 全1回
日 程 2015/9/5 土曜日
時 間 11:10〜12:40
受講料 1,000円
2014年ノーベル賞発表を知らせる
ノーベル博物館内のパネル
一商社マンとしてストックホルム在住5年、事務所から徒歩5分のコンサートホールで毎年行われるノーベル賞授賞式を身近に見聞きしているうちに、このスウェーデンの誇る一大文化事業ノーベル賞とはどうして誕生したのか、どんな仕組みで運営されているのか、受賞者の選考はどのように行われるのかなどに興味を持つようになりました。まずはてっとり早く知識を得るべく日本の留守宅に関係の書籍を送るよう依頼したのですが、受賞業績の意義、受賞者の研究歴やその功績など科学関係の出版物は多くあるが、ノーベル賞そのものについて書かれたものは見当たらないとのこと。それでは自分で勉強するしかないということになりました。それからノーベル賞を追いかけて25年余、その成果の一端をご紹介します。特にノーベル賞誕生に至る経緯、さまざまな困難などについては日本ではほとんど知られていないので皆様のご興味を引けば幸いです。
講 師
北尾 利夫(きたお・としお)
1935年京都市生まれ。58年大阪外国語大学ドイツ語学科卒業、住友商事株式会社入社。ロンドン事務所長代理、食品部長、ストックホルム事務所長、サミット製油株式会社取締役社長などを歴任。現在、公益財団法人日本腎臓財団顧問。日本スウェーデン協会、スウェーデン社会研究所会員。ストックホルム在勤時以来、アルフレッド・ノーベルやノーベル賞の研究をライフラークとする。著書に『知っていそうで知らないノーベル賞の話』(平凡社新書)がある。
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) 2015 Josai University Educational Corporation