学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
教養
松永智美の「創意素食」入門 −美しくダマされる料理  
講 師

松永 智美/清野 由美

コード 19110
定 員 40名
回 数 全1回
日 程 2019/9/21 受講料 \2,500(試食付き)
時 間 土曜日 11:00〜12:30
ハレの席からファストフードまで、台湾の日常に幅広く根付いている料理が「素食(スーシー)」。動物性の食材を一切使わない、精進料理の中華版です。京都在住の料理研究家・ジュエリーデザイナーの松永智美さんは、台湾との縁をきっかけに、「素食」の伝統とルールを大切にしながら、そこに日本ならでは食材と、自らの創意を加えて、斬新な「食のクリエーション」を行っています。仏教にルーツを持つ「素食」は、「三厭(さんえん=鶏、肉、魚)」「五葷(ごくん=ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、タマネギ)」を使わない、という基本的なルールがあります。野菜、キノコ、豆類という健康によい食材を使いながら、魚介の刺身や「東坡肉」など、いかに本物に似せていくかという知的な遊び心も満載。当日は、簡単な試食を召し上がっていただきながら、「創意素食」の世界をひも解いていきます。
松永 智美(まつなが ともみ)

料理研究家、ジュエリーデザイナー。工房「貌KATACHI」主宰。1954年、京都市生まれ。嵯峨美術短期大学卒業。京都育ちならではの繊細な美意識をベースに、ジュエリーと料理の創作に取り組む。素食は台北の素食第一人者である洪銀龍に師事する。唐招提寺での格式ある食事会や、京都国立博物館での茶席をはじめ、京都の料理店「丹」や和菓子店「鍵善良房」など老舗とコラボレートした創意素食会を催す。
清野 由美(きよの ゆみ)

ジャーナリスト。城西国際大学院非常勤講師。慶應義塾大学院修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。「世界を股にかけた地を這う取材」をモットーに、都市文化、ライフスタイル、各界先端人の取材を手がける。主著書に『住む場所を選べば、生き方が変わる』(講談社)、『観光亡国論』(アレックス・カーと共著、中公新書ラクレ)ほか。
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) Josai University Educational Corporation