学校法人 城西大学
JOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパスJOSAI UNIVERSITY EXTENSION PROGRAM
東京紀尾井町キャンパス
教養
日本の中国人社会と日中双方のイメージ変化  
講 師

中島 恵

コード 19201
定 員 60名
回 数 全1回
日 程 2019/10/12 台風のため延期(延期日程未定) 受講料 1,000円
時 間 土曜日 10:30〜12:00
総務省の統計によると、現在、日本には約73万人もの中国人が住んでいます。これは全在日外国人の約3分の1を占め、高知県の人口を上回る数字。日本国籍の取得者などを含めると、100万人に上ります。彼らはなぜ、いつから、どのような理由で、日本のどのような都市に定住するようになったのでしょうか。その背景や特徴、日本人との共生など、現状を具体的に紹介します。また、取材の過程で、彼らの実像は、多くの日本人がイメージする「中国人像」とは大きくかけ離れ、変貌を遂げていることがわかってきました。日本人の中国人に対するイメージ、中国人から見た日本人のイメージとは、どのようなもので、どのように変化してきているのでしょうか。日中の経済的立場が入れ替わる中で、双方が抱くイメージと現実のギャップを知ることにより、イメージの形成に大きな影響を及ぼすメディアの存在にも触れてみたいと思います。
横浜市の中国人が多い公立小学校
埼玉県西川口の新興チャイナタウン
中島 恵(なかじま けい)

1967年生まれ。北京大学、香港中文大学に留学。新聞記者を経てフリージャーナリスト。中国の社会事情、日中の比較文化などを取材。主な著書に『中国人エリートは日本人をこう見る』『中国人の誤解 日本人の誤解』『なぜ中国人は財布を持たないのか』『日本の「中国人」社会』(以上、日本経済新聞出版社)、『爆買い後、彼らはどこに向かうのか』(プレジデント社)などがある。
日本の「中国人」社会
(2018 日本経済新聞出版社)
ページの先頭へ
HOME
各種ご案内
受講のご案内
講座申込み方法
交通案内
お問い合わせ
プライバシーポリシー Copyright (c) Josai University Educational Corporation