学校法人 城西大学 Josai University Educational Corporation

NEWS

学校法人一行は中国の瀋陽の姉妹校を訪問しました

このたび、学校法人城西大学小野元之理事長特別補佐ならびに城西大学白幡晶学長をはじめとする学校法人城西大学一行は2019年11月5日~8日の日程で、中国の瀋陽地域にある姉妹校を訪問しました。

【遼寧大学表敬訪問】

11月6日午前、2011年より交流している姉妹校、遼寧大学を訪問しました。遼寧大学は、1948年に設立した中国の名門大学で、文学部、公共管理学部、商学部、経済学部、外国語学部、法学部、薬学部、メディア学部、数学部、国際教育学部など計26の学部を有し、学生数約26,000人です。

今回の訪問では、大学のトップである周浩波書記を始め多くの大学関係者に歓迎されました。周浩波書記は元遼寧省教育庁の副庁長で、大学行政に関して幅広い人脈と見識を持っておられ、日中両国の大学改革や大学院教育の強化に関する考え方は本学と一致するところが多く、非常に有意義な懇談となりました。

遼寧大学にて周浩波党委書記との面談

【瀋陽師範大学表敬訪問と小野理事による講演】

同日午後、1951年に遼寧省政府が設置した公立大学である瀋陽師範大学を訪問し、小野理事が大学図書館で「日本の大学改革」をテーマに基調講演を行い、管理学院とソフトウェア学院の教員と大学院生が熱心に受講し、学生からは日本語で活発に質問がなされました。

講演会後、大学の国際会議センターに移動し、郝德永校長らと面談しました。2011年に本学と姉妹校協定締結以降、瀋陽師範大学は、修士課程1+1共同教育の学生2名を城西国際大学に派遣しています。2019年3月、ビジネスデザイン研究科を修了した李悦さんが瀋陽城市学院(大学)でホテルマネジメント分野の教員に就職しており、引き続き経営情報学研究科博士課程に進み博士号を取得したいと希望しています。このような大学院の共同教育の成果に対して、瀋陽師範大学は高く評価し期待しています。

郝德永校長との面談

郝德永校長との面談

瀋陽師範大学にて小野理事による講演

瀋陽師範大学にて小野理事による講演

【東北大学表敬訪問・シンポジウムの開催】

11月7日午前、2010年に交流をスタートした東北大学を訪問し、趙継校長らと会見しました。

東北大学との交流を順調に重ね、今年で9年目となりました。両大学はこれまで、日中連携大学院による若手教員の育成、「さくらサイエンスプラン」による学生の交流、東北大学大学院日本語言語文学専攻、翻訳(日本語)専攻とJIUの提携による 1+1ダブルディグリープログラムが2013年より実施され、毎年約5~8名の学生がJIUに派遣されています。

学長は、これからの日中連携大学院による若手教員の育成、国際交流の支援に対して、感謝の意を述べられました。今後、さらに幅広い学際的な研究を進めて、両大学の交流を深めていくため、学術交流協定も延長しました。

午後は、「中日高等教育交流シンポジウム-両学で共創する未来」と題したシンポジウムが開催されました。

学校法人城西大学小野元之理事による「日本の大学改革について」基調講演が行われました。日本の文部事務次官、日本学術振興会理事長として携わってきた大学改革の実際について、歴史的意味や成果、そして現在日本が抱えている問題点と解決の方向性について語りました。出席者の関心も深く、学生の学びへの動機づけ、グローバル化への対応策など同じ問題を中国の大学も抱えているということも陳凡教授より指摘され、熱心な質疑応答が続きました。

基調講演に引き続き、現在、中国でも推進されている文理融合の観点から、日本と中国で直面している教育の現状、そしてそれらについて両学で協力して新しい教育プログラムに取り組めないかという観点で発表と議論が行われまし。

最後、基調講演を務めた小野理事が、両学の意見交換が有意義になされたことに感謝を述べ、両学の交流の深化、幅広い展開に期待、今後緊密に連絡を取りながら、プロジェクトベースで進めていきましょうと総括しました。

東北大学にて調印式

東北大学にて調印式

趙継校長と

趙継校長と

東北大学にて小野先生による講演

「両学で共創する未来」について発表会

【瀋陽薬科大学表敬訪問と森本常務理事、白幡学長による講演】

11月7日午後、白幡学長一行は瀋陽薬科大学を訪問しました。

徐鳳翔党委書記より歓迎を受けた後、引き続き瀋陽薬科大学の大学紹介がなされました。現在、瀋陽薬科大学の敷地面積は約140万平米であり、校舎面積は約70万平米である。全在校生は約12,000人であり、うち3,000人は大学院生です。また、方亮先生が部長を務める薬学部は最大の学部であり、特色として2つの日本語クラスを有します。ほかに中薬部(漢方系薬学部)に1つの日本語クラスが設置されています。

懇談の場においては、一昨年に本学東京紀尾井町キャンパスを訪問された程副学長および方亮薬学部長を中心に今後の交流について具体的な話し合いを行う中で、学生の派遣や日本高等教育への支援などいくつかと提案を頂きました。これから両大学の交流が益々進むと思います。

また、面会後、瀋陽薬科大学図書館学術ホールで森本常務理事および白幡学長がそれぞれ講演を行い、数多くの学生が参加しました。先生方の講演に関する記事は既に先方のホームページ上に掲載されています。

森本常務理事による講演

白幡学長による講演


ページトップへ